生産者&商品紹介

ホーム > 生産者&商品紹介 > オリーブオイル生産者: RAVIDA Olive Oil(ラヴィダ オリーブオイル)

"RAVIDA" Extra Virgin Olive Oil

"ラヴィダ" エクストラヴァージン・オリーブオイル

ラヴィダはシチリア島南西部アグリジェントで18世紀から続く由緒あるオリーブ農園です。1990年代初めにそれまでバルク売りされイタリア本土でブレンドされていたシチリア産オリーブオイルを最初に自社レーベルで国際的に認知させることに成功しました。以来国際オリーブオイル協会のオリーヴォ・サラチェーノやイタリア政府のオルチェーロ・ドーロを始め、チューリヒ、モントリオール、エルサレム、上海、ニューヨークなどの国際品評会で数々の受賞歴を重ねています。

ラヴィダ農園ではチェラスオーラ、ビアンコリッラ、ノチェッラーラという3品種のオリーブを栽培しています。栽培には農薬・化学肥料を用いず、イタリアの認証機関Suolo e Saluteによるオーガニック認証を取得しています。10月から11月にかけて手摘みまたはバイブレーション方式で収穫したオリーブを最新鋭の機械で8時間以内にコールドプレス。搾油したオイルは風味を失わないようノンフィルターでステンレスタンクに保存し、澱を沈めた上で瓶詰めします。

ラヴィダオリーブオイルの特徴は何と言ってもその香り高さにあります。青々しい草のフレッシュな香りと赤いトマトの凝縮した香り、早摘みの若いオリーブに由来する心地よい苦味、そして後味に残るピリッとしたスパイシーな辛みは、素晴らしいアクセントとして合わせた食材や料理を引き立ててくれます。シンプルにトーストしたバゲットに、魚介のカルパッチョやイワシのマリネに、白身魚やの肉のグリルに、アサリやイカ・タコなど魚介を使ったパスタに、ブロッコリやジャガイモなどの温野菜に、さらには葉物野菜のサラダにとさまざまな料理がこのオイルで本物のシチリアの味に変身します。

ラヴィダ家ではシチリアの食文化の伝道にも力を注いでおり、現当主ナタリア・ラヴィダが外国人のための滞在型料理教室を実施しています。同家のヴィッラまたは農園に滞在し、市場での材料の調達から同家に伝わるレシピに基づく料理の実習までイタリア語または英語で学ぶことができます。ナタリアは料理研究家としての活動にも力を入れており、オーストラリアの出版社から美しい英語版のレシピ本 "Seasons of Sicily"を上梓しています。


生産者名: ラヴィダ

製品名: "ラヴィダ" EXVオリーブオイル

オリーブ品種: チェラッスオーラ、ビアンコリッラ、ノチェッラーラ

栽培地域: シチリア州アグリジェント県

収穫方法: 手摘み及びバイブレーション方式

搾油方法: 遠心分離法(収穫後8時間以内)

酸度: 0.1~0.2%

小売価格: 250ml瓶 ¥2,400+税
500ml瓶 ¥3,600+税
5Lボックス お問い合わせください(小売非売品)

オーガニック認証: Suolo e Salute