VINO e OLIO
HOME Profile Products Shopping Link Contact Us
MONTEVERTINE
Argretto di Vino Santo

アグレット・ディ・ヴィノ・サント(ヴィンサントビネガー)

女性のイラストを用いたラベルが印象的な赤ワイン「レ・ペルゴーレ・トルテ」を生産するワイナリーとしてイタリアワインファンの間で有名なモンテヴェルティーネ。ミラノからキャンティに移り住み、既成概念にとらわれないワイン作りでクオリティー・サンジョヴェーゼのパイオニアとして称えられるようになった今は亡きセルジオ・マネッティのワイナリーです。評判の良かったヴィンサント作りをやめて全部ビネガーにしてしまったのもこだわりを捨てた彼らしい判断だったのかも知れません。

このヴィンサントヴィネガーは、モンテヴェルティーネの自家畑で獲れるトレッビアーノ種とマルヴァジア種の白葡萄からヴィンサントを作り、それを再醸造してヴィネガーにしています。ヴィンサントは、収穫後棚で風乾しした葡萄を絞り、ステンレス醗酵の後オークの小樽で4年間熟成させて作ります。ヴィネガーを作る醸造過程は空気のきれいな海抜1000メートルのモンテアミアータという山の上で行い、その後数ヶ月樽熟成させて出荷します。

ヴィンサントビネガーは糖度が高く樽で長期熟成させたデザートワインから作っているため、通常のワインヴィネガーに比べてフルーティーな香りとまろやかな酸味、そしてほのかな甘みと上品なコクを持っているのが特徴です。フォアグラや魚のソースの香り付け、野菜のサラダやマリネに用いたり、ディジェスティーヴァとして食事の締めくくりに一口あおるイタリア人もいます。

ヴィンサントビネガーを生産するメーカーはイタリアでも非常に少なく、しかもモンテヴェルティーネでも年間生産量は500ml瓶で1200本程度とひじょうに稀少です。このためイタリアでも知名度は低く入手も困難で、一部の一流レストランで使用されているに過ぎません。セルジオと仲の良かったかの天才料理人ジラルデが好んで使っていたという逸話は、セルジオの息子マルティーノから聞いた話です。

生産者名: モンテヴェルティーネ
製品名: アグレット・ディ・ヴィノ・サント
(ヴィンサントビネガー)
ブドウ品種: トレッビアーノ、マルヴァジーア・ビアンカ
栽培地域: トスカーナ州ラッダ・イン・キャンティ
酸度: 6%
添加物: 不使用
容量: 500ml
小売価格 −−−−
Copyright (c) 2014 Millennium Marketing, Inc. All Rights Reserved.